MJTD、ミャンマーでの贈収賄防止に向けた合意文書に署名

【社会】【経済】 20141121

ティラワ経済特区の投資に絡み贈収賄が行われないよう、ティラワ経済特区監督委員会とMJティラワ・デベロップメント社(MJTD)が12日、合意文書に署名したことがMJTDのトゥーシェインアウン副社長の話からわかった。
13日にネピドーで行われたASEAN経済・投資に関する首脳会議におけるメディアとの懇談会で、MJTDのトゥーシェインアウン副社長が明らかにしたもの。
同氏は「我々がどのような考えを持っているかを明らかにする事が目的だ」とコメントした。
合意文書への署名は行われたが、どの組織が贈収賄を監視し、どのように立件するかなどの具体的な運用方法については、今後調整が進められる。

関連キーワード

 

ミャンマー 投資、外資、ネピドー、ティラワ、経済特区、日系企業、MJTD
center_bn_premium

最新記事一覧