ミャンマーの鉄道運賃、距離制に改定を検討

【社会】 20141112

ミャンマーの鉄道の運賃を距離制に改定することが検討されている。
ミャンマー鉄道のトゥンアウンティン下ビルマ部長は、「11月にも運賃を距離に応じて設定する。15マイル(約24km)までは50ks(約5円)、15~30マイルは100ks(約11円)にする予定だ」とコメントした。
距離制は2004年から11年まで適用されていたことがあり、当時は15マイルまでが10ks、15~30マイルが20ksに設定されていた。
現在の料金は、普通車:100ks(約11円)、上級車:200ks(約22円)、冷房車:300ks(約34円)となっている。

関連キーワード
ミャンマー インフラ、鉄道、下ビルマ
center_bn_premium

最新記事一覧