ミャンマーの外資合弁ホテルが1,055棟に

【経済】 20141008

旅行事業が急成長しているミャンマーでは、ホテルや旅行事業にも投資が増加している。
シンガポールを筆頭に、日本、タイ、マレーシア、ベトナムの投資が多く、今年度の9月中旬までの投資額は、昨年同時期に比較しおよそ2億米ドル増加、外資との合併で運営しているホテルは1,055棟になった。

関連キーワード
ミャンマー 投資、外資、合弁、ホテル、シンガポール、タイ、マレーシア、ベトナム
center_bn_premium

最新記事一覧