日系企業がミャンマー国内の胡麻畑を視察

【企業】 20141001

ミャンマー産の胡麻のうち、およそ8割を輸入している三菱商事や三井物産をはじめとする複数の日系企業が、品質の高い胡麻を生産させるため、アウンラン地区における胡麻畑の刈り入れ作業と肥料の使用方法を視察する。
今年の胡麻収穫期の胡麻相場は1袋(72kg)16万~16.5万ks(約17,600~18,200円)で、一日あたり900袋前後が取引されている。

関連キーワード
ミャンマー 貿易、三菱商事、三井物産、日系企業、相場、取引
center_bn_premium

最新記事一覧