邦銀3行がミャンマーでの営業権獲得、支店開設へ

【国際】【経済】 20141001

ミャンマー中央銀行は、三井住友銀行・三菱東京UFJ銀行・みずほ銀行の3行に対し、ミャンマーでの銀行開設に向けた準備免許を交付することが明らかになった。申請していた邦銀全てに交付される。
2店舗までの支店開設が認められ、3行は今後、日本企業向けに海外送金などのサービスを提供したい考え。
合計9行に認可されており、シンガポールからはUOB銀、OCBC銀、タイのバンコク銀行、マレーシアのメイバンク、中国商工銀行(ICBC)、オーストラリア・ニュージーランド銀行(ANZ)が準備免許が交付される。

関連キーワード
ミャンマー 金融、中央銀行、三井住友、三菱東京UFJ、みずほ、邦銀、海外送金
center_bn_premium

最新記事一覧