ミャンマー・ヤンゴン環状線、エアコン付列車が人気

【ローカル】【社会】 2014520

1405201.jpg昨年11月に運行開始されたヤンゴン環状線のエアコン付き列車が、外国人観光客ばかりでなく夏休み中の児童生徒にも人気を呼んでいる。
午前8:35と午後5:20ヤンゴン駅発の1日2本。
料金はミャンマー人400ks(約40円)、外国人は2米ドルで、一周45.9kmをおよそ3時間かけ運行する。
14052001.jpg通勤客用の普通車料金の100ks(約10円)に比べかなりの割高だが、鉄道関係者によると「夏休みの子ども達が、思い出作りにも利用しているようだ」という。
関連記事:ミャンマー鉄道省、日本中古車両を使用した観光列車を運行

center_bn_premium

最新記事一覧