マンダレーで発電、民間の進出は未定

【社会】 2014303

ミャンマーの電力供給では国営と民間の電気料金格差が大きく、投資による民間の進出はまだ先になると見られている。
民間の電気への投資は継続した電気供給という視点では重要であるが、1ユニット(電力単位)あたり150Ks(約15円)という電気料金は、国営のそれに比べ圧倒的に高く、利用しづらい。
マンダレー管区、ミンジャン市では2013年アメリカから500メガワットの太陽光発電に対する支援のための視察...

この記事はプレミアム会員の方がご覧になれます。
既にプレミアム会員の方は、ログインしてください。
プレミアム会員でない方は、会員登録してください。
(今なら初回に限り30日間完全無料・いつでも解約可能)

center_bn_premium

最新記事一覧