ヤンゴン幹線道路でWHO規定以上の化学物質検出

【社会】 2014117

ヤンゴン大学研究チームが政府の要請を受け、市内幹線道路の鉛、マンガン、カドミウム、銅、亜鉛濃度を検査した結果、一部でWHO規定値以上の化学物質が検出された。
バインナウン、インセンの各道路では鉛・マンガンが、チー...

この記事はプレミアム会員の方がご覧になれます。
既にプレミアム会員の方は、ログインしてください。
プレミアム会員でない方は、会員登録してください。
(今なら初回に限り30日間完全無料・いつでも解約可能)

M-Tower

最新記事一覧