ヤンゴン市内で新たな特別列車運行開始

【ローカル】【社会】 20131007

通常の列車より1周あたり35分早く走る冷房付きの列車が、10月4日から環状鉄道にて運行を開始した。
従来、1周2時間50分かかっていたが、新しい列車の所要時間は2時間15分。料金は
一律400ks(約40円)、外国人は2米ドル。
先月運行を開始したヤンゴンとチャイティーヨーを結ぶ観光列車と同じく、JR西日本から譲渡されたキハ181系で、トイレ付。
始発は6時30分にインセイン駅を出発し、午後5時45分までに1日8本の運行を予定している。

関連記事:ミャンマー鉄道省、日本中古車両を使用した観光列車を運行

center_bn_premium

最新記事一覧