ミャンマー日本人材開発センターをヤンゴンに開所

【国際】 2013809

060.jpgJICA(国際協力機構)はミャンマーのビジネス人材の育成と日緬間の人材交流の促進を行うため、技術協力プロジェクトの拠点としてヤンゴン市・UMFCCI(ミャンマー商工会議所連盟)ビル内に「ミャンマー日本人材開発センター」を設置し、8月9日、同所にて開所式を行った。
オープニングセレモニーでUMFCCI・U Win Aung会長は「日本側からの多くの支援にミャンマーは感謝している。ミャンマーと日本の企業が共同することで、ミャンマー経済の発展につながる。両国が深い理解のもとで、経済発展に向けて相互協力していきたい」と語る。同プロジェクトの実施期間は、今年8月から2016年8月までの3年間を予定、ミャンマー商業省とUMFCCI(ミャンマー商工会議所連盟)の協力のもとで実施される。
JICAは1954年からミャンマーにおいて...

この記事はプレミアム会員の方がご覧になれます。
既にプレミアム会員の方は、ログインしてください。
プレミアム会員でない方は、会員登録してください。
(今なら初回に限り30日間完全無料・いつでも解約可能)

center_bn_premium

最新記事一覧