ヤンゴンのシュエダゴンパゴダ、外国人訪問者5年連続増加

【国際】【社会】 2013724

ヤンゴンの象徴ともいえるシュエダゴンパゴダを訪れる、外国人訪問者は5年連続で上昇し、今年は中国人訪問者数が明らかに減少している、と発表した。
報告によると、2008年に78,323人、2009年に113,529人、2010年に175,054人、2011年に225,381人、昨年2012年に592,972人の外国人が同所を訪れた。
「シュエダゴンパゴダに行く外国人訪問数は年々増えている。おそらく、近いうちにミャンマー人の訪問者と外国人訪問者...

この記事はプレミアム会員の方がご覧になれます。
既にプレミアム会員の方は、ログインしてください。
プレミアム会員でない方は、会員登録してください。
(今なら初回に限り30日間完全無料・いつでも解約可能)

M-Tower

最新記事一覧