日本米種をミャンマーで研究、ジャポニカ米を試験的に植える

【国際】【経済】 2013705

『Myanmar Times』紙によると6月18日、日本のゲノム解析センター(PGC)社がジャポニカ米13種類を日本の農業学者とともに、ヤンゴンに西に位置するエーヤワディー管区ダヌピューの畑へ試験的に植えた、と担当者が語った。
PGC社と協同企業Bio Frontier社は、JETRO(日本貿易振興機構)の紹介でAJM...

この記事はプレミアム会員の方がご覧になれます。
既にプレミアム会員の方は、ログインしてください。
プレミアム会員でない方は、会員登録してください。
(今なら初回に限り30日間完全無料・いつでも解約可能)

center_bn_premium

最新記事一覧