日本首相による訪問滞在~ミャンマー側の報道から

【国際】【政治】 2013618

安倍晋三首相は5月24日、ミャンマーを訪問した。日本の首相によるミャンマー公式訪問は36年ぶり。
約40の企業、団体の代表が同行した。2日間の滞在を終え、26日夜に帰国。
5月24日午後にミャンマーに到着、25日はアウン・サン将軍等がまつられる「殉難者廟」で献花し、日本人戦没者が埋葬されている「イエウェイ日本人墓地」を墓参。その後、ティラワ経済特区予定地を視察した。午後にはNLDリーダーのアウンサン・スーチー氏とヤンゴン市内で会談。計画の早期段階の実現を図るべく日本とミャンマー間で合意契約をした。
首都ネーピードーで26日、テインセイン大統領宅を訪問して会談。午後はミャンマー国際コンベンション本部にて、テインセイン大統領による昼食会が実施された。
今年12月にミャンマーが開催国として開催される「27回目東南アジアスポーツ大会」で、ミャンマー選手が着るスポーツユニフォームを日本有名デザイナーのコシノジュンコ氏がデザイン。安倍首相はテインセイン大統領に贈呈した。その後、ネーピードー国際空港から日本に出発した。 両国間の契約について4点発表した。
(1)ミャンマー政府は民主化の計画と法律の公正、経済の移行措置、国民の団結と一層の努力を確認。日本政府は官民あげた計画の支援を約束した。
(2)ミャンマーの国づくり支援のため、新たに総額910億円のODA(政府開発援助)を行うほか、総額約5,000億円の対日債務の解消する方針を表明した。また水道や道路などの基礎的なインフラとともに、人材の育成や法制度の整備といったソフト面での協力も行う意向を示した。
(3)両国の発展支援のため、若者の相互交流も今後は図っていく。また長い目で、文化的・スポーツでの協力を約束。特に今年12月に行われる「27th SEA Games(Southeast Asian Games/東南アジア競技大会)」のサポートも日本政府は表明した。
(4)アジア太平洋地域とインド海洋の事態安定のほか、両政府で安全面の協力を約束した。
今年は日・ASEAN友好協力40周年という節目の年、さらなる協力について語り合った。[5/27・ミャンマー各紙]

center_bn_premium

最新記事一覧