ASEAN外相会議開幕 ミャンマーは欠席

【国際】【政治】 2022803

 東南アジア諸国連合(ASEAN)の外相会議が8月3日、カンボジアのプノンペンで開幕した。ASEAN加盟各国のほか、日米など域外国の閣僚が参加し5日まで開催される。期間中、クーデターで国軍が権力を握ったミャンマー情勢や、中国による軍事拠点化が進む南シナ海問題を主要議題に協議が行われる予定。

 初日の3日は、ASEAN加盟国による外相会議を開催。共同声明の草案では、ミャンマー情勢に「懸念」を表明し、暴力の即時停止などASEANとの合意を履行するよう改めて求める内容が盛り込まれるとみられる。また、7月25日の民主活動家ら4人に対する死刑執行を非難する文言を盛り込むよう一部加盟国が提案しており、調整が進められているという。

 ASEANミャンマー問題特使のプラク・ソコン氏(カンボジア副首相兼外相)は、今回の会議に軍評議会の外相を招待しておらず、ミャンマーは欠席となっている。

Premium2207-b

最新記事一覧