カイン州内のアラカン軍(AA)駐屯地が空爆、死傷者多数

【ローカル】【政治】【社会】 2022706

 カイン州のミャンマー・タイ国境近くに位置するアラカン軍(AA)の駐屯地に対し、国軍が空爆を実行したため多数の死傷者が発生した。Radio Free Asiaが7月5日に伝えた。

 調べによると、7月4日正午過ぎ、国軍はカイン州のカレン民族解放軍(KNLA)第5師団が統治するエリアに設置されたアラカン軍(AA)の駐屯地に対し、戦闘機2機による激しい空爆を行った。これによりアラカン軍(AA)の隊員6人が死亡、多数の負傷者が発生している。また、空爆により病院や縫製工場が破壊されたという。

 アラカン軍(AA)本部は「必ず報復する」との声明を発表した。

Premium2207-a

最新記事一覧