10億Ks相当のヘロインを押収、ザガイン管区

【社会】 2022622

 ザガイン管区モンユワ郡区で6月14日、10億Ks(およそ7,300万円)相当のヘロイン2.8kgが押収された。DVB Burmese Newsが6月21日に伝えた。

 調べによると、2人の男性が乗った車両に対して警察隊が職務質問をしたところ、車内から粉末状のヘロインが発見された。モンユワ郡区からホマリン郡区へ輸送中だったとみられる。ホマリン郡区には、金採掘の労働者が多く住んでおり、違法薬物の売買が多いエリアとして知られている。

 ミャンマーでは、違法薬物の使用者が急増している。18歳未満の若者が薬物中毒に陥るケースも多く、強盗などの事件も多発している。

Premium2207-a

最新記事一覧