日本ミャンマー友好協会の定時総会、NUG駐日代表らも臨席

【イベント/セミナー】【企業】 2022613

 一般社団法人日本ミャンマー友好協会(本部・東京)が6月12日、都内で定時総会・懇親会を開催した。

 総会での日本・ミャンマー友好議員連盟会長 逢沢一郎衆議院議員や保坂展人世田谷区長の挨拶に続き、懇親会では来賓として招かれたNUG駐日代表のソー・バ・ラ・ティン氏が祝辞を述べた。

 同氏は式典で「国民統一政府(NUG)は国民の大多数から支持を受けており正当な政府。日本も正式な政府として認めて欲しい」とスピーチし、今後の支援を呼びかけた。

 逢沢一郎衆議院議員もミャンマーの困窮者支援やNUGへの支援を訴え、ソー・バ・ラ・ティン駐日代表と言葉を交わす場面も見られた。

Premium2207-b

最新記事一覧