僧侶組合がボイコットを呼びかけ、軍評議会主催の仏教行事

【政治】【社会】 2022511

 マンダレー市内の僧侶組合は、5月14日に予定されている軍評議会主催の仏教行事をボイコットするよう呼びかけた。Radio Free Asiaが5月10日に伝えた。

 軍評議会は、5月14日の「カソン満月の日」にマンダレー市内の僧侶10,264人に対し寄進を行う行事を予定しているが、これをボイコットするよう呼びかけている。

 ある僧侶は「軍評議会は市民を殺害し、村落の民家を放火し村民の財産を奪っている。そのような人々から汚れた寄進を受けることはできない」とコメントした。

Premium21022

最新記事一覧