品川の駐日ミャンマー大使館前で抗議活動

【政治】【社会】 2022117

 品川区の駐日ミャンマー大使館前で1月15日、在日ミャンマー人らによる抗議集会が行われた。この集会は、軍評議会傘下の大使館において独立74周年を祝う式典が開催され、日本政府関係者が招かれているとの情報に基づき行われたもの。軍政の承認につながるとして、日本政府関係者の不参加や式典の中止を求めていた。

 16時から行われた集会には、在日ミャンマー人らおよそ100人が参加し、ミャンマー国軍の弾圧に対し抗議の声をあげた。

 抗議集会を主催した団体の一つ、REVOLUTION TOKYO MYANMARの代表メンバーは「抗議集会の実施を表明した途端、大使館側が式典の中止を発表した。新型コロナのためとしているが定かではない」とコメントし、日本政府に対しても国民寄りなのか軍政寄りなのか立場を明確にしてほしいと要望。支援の手を差し伸べる日本人に対しては、これまでの感謝と引き続きの支援を呼びかけた。

(撮影:初田宗久)
Premium21022

最新記事一覧