スー・チー氏に有罪判決、新たに禁錮4年

【政治】 2022110

 軍評議会がネピドーに設置した特別法廷は1月10日、国軍に軟禁されているアウン・サン・スー・チー国家顧問に対し、無線機を違法に輸入して使用したなどとして、禁錮4年の有罪判決を言い渡した。

 スー・チー氏に対する判決は2回目。昨年12月には社会不安を煽り国内の治安を乱したとして禁錮2年、自然災害管理法違反で禁錮2年の実刑判決が言い渡されたが、軍評議会トップのミン・アウン・フライン国軍総司令官が禁錮2年に減刑し、刑務所に投獄することなく拘束場所で刑に服す軟禁措置とした。

 スー・チー氏は現在13の罪状で訴追されており、軍評議会がすべての容疑で最高刑を科した場合、合計100年以上の懲役になる可能性がある。

Premium21022

最新記事一覧