ダディンジュ満月の日、古都バガンに5,000人の参拝客

【社会】【経済】【観光】 20211021

 「ダディンジュ満月」連休の中日となった10月20日、古都バガンには5,000人の参拝客が訪れ賑わった。国営新聞Myanma Alinnが10月21日に伝えた。

 報道によると、ヤンゴン、マンダレー、ネピドー、タウンジー、マグウェー、バゴーなど全国の都市から約5,000人の参拝客がバガンを訪れた。参拝客はバガン遺跡群のダマヤンジー、シュエジーゴン、アロードーピィ、アーナンダー、ティーロミンローなどの有名パゴダを参拝し、建造物内の仏教壁画を興味深く見入っていたという。

 世界遺産でもあるバガン遺跡群の参拝は、新型コロナウイルスの感染拡大により長期間にわたり禁止されていたが、2月8日から再開された。バガンが参拝客で賑わったのは2年ぶり。

Premium21022

最新記事一覧