カチン州の難民キャンプで食料不足が深刻化

【ローカル】【社会】 20211013

 カチン州プターオ郡区ジダン村の難民キャンプで食料不足が深刻化している。DVB Burmese Newsが10月12日に伝えた。

 地元住民によると、新型コロナウイルスの影響で失業者が増え、食料が不足しているという。難民キャンプでは76世帯375人が暮らしており、高齢者や妊婦、子どもたちの健康管理も必要となっている。また、同郡区では学校も閉鎖されているという。

Premium21022

最新記事一覧