軍評議会の法務大臣が日本に渡航予定の留学生とオンライン面談

【政治】 2021914

 軍評議会・法務省のティー・ダー・ウー大臣(兼法制長官)は9月13日、近く日本に渡航する予定の留学生4人とオンラインで面談を行った。国営新聞Myanma Alinnが14日に伝えた。

 留学生4人はいずれも法曹関係の公務員で、日本政府の人材育成奨学計画により九州大学、神戸大学、名古屋大学の大学院に留学する予定。

 人材育成奨学計画は、将来ミャンマーの指導者になることが期待される若手の行政官が日本の大学院において修士号または博士号を取得することを支援することにより、人的ネットワーク構築を通じた二か国間関係の強化に寄与することを目的としている。

CP210818

最新記事一覧