在日ミャンマー人、国軍トップを逮捕するよう警視庁に要請

【国際】【政治】 2021508

 在日ミャンマー人の政治活動家グループが日本の警視庁に対し、軍事政権トップのミン・アウン・フライン国軍最高司令官を逮捕するよう要求した。DVB Burmese Newsが5月6日に伝えたもの。

 政治活動家グループは霞が関の警視庁本庁前で、もしミン・アウン・フライン国軍最高司令官や国軍幹部が日本に来た場合、彼らを逮捕するようシュプレヒコールをあげた。活動家のDr.サン・サン・メー・ピョー氏は「軍事政権は罪のない国民を750人以上殺害している。日本の警察はインターポール(国際刑事警察機構)と連携し、ミン・アウン・フラインとその仲間を逮捕してほしい」とコメントした。

 4月24日にインドネシアのジャカルタで開催されたASEAN首脳級会議にミン・アウン・フライン国軍最高司令官が出席した際も、国民統一政府(NUG)がインドネシアで逮捕するよう要求したが、実現していない。

Premium2104

最新記事一覧