国連がミャンマーの医療体制に警鐘

【国際】【政治】【社会】 2021507

 国連のミャンマー事務所は5日、クーデター以降の医療体制について警鐘を鳴らした。国連のニュースサイト(UN News)に掲載したもの。

 これによると、ミャンマーではこれまでに少なくとも158件の医療関係者と施設への攻撃が報告されており、2月の軍事クーデター以来、139人以上の医師が逮捕・起訴され、重要な医療サービスのみならず、新型コロナウィルス(COVID-19)への対応についても懸念を表明した。世界保健機関(WHO)によると、報告された158件の攻撃により、少なくとも11人が死亡、51人が負傷したという。

 また、ミャンマー全土の約51の医療施設が国軍によって占領されており、医療リソースの減少を報告している。

Premium2104

最新記事一覧