大型連休中のビーチでレジャーを楽しむ行楽客に批判の声

【社会】 2021416

 ミャンマーのリゾート地であるグエサウンとチャウンダーの各ビーチでは、4月13日からの大型連休にレジャーを楽しむ行楽客でにぎわい、不謹慎だと批判する声が高まっている。DVB Burmese Newsが4月15日に伝えた。

 グエサウンビーチのホテル従業員の男性は「国内で700人以上が亡くなっている時に、どうして平気で楽しんでいられるのか理解できない。彼らには後ろめたいという気持ちがないのだろうか。自分は出勤しないことにした」と話した。ある政治評論家は「ビーチで楽しんでいる者たちは多分国軍側の人間だろう。国内が平和になっているという印象操作のためのプロパガンダだと思われる」とコメントしている。

 地元民によれば、グエサウン、チャウンターのビーチ周辺の道路では大渋滞が発生しているという。

グエサウンビーチ付近で発生した渋滞
Premium2104

最新記事一覧