英国外務省、大使館から締め出されたミャンマー元大使の在留を許可

【国際】 2021410

 英国外務省は、4月7日に大使館から締め出された在英国ミャンマー大使館のチョー・ズア・ミン元大使を英国内に滞在することを許可し、身の安全を保障すると発表した。Eleven Broadcastingが4月9日に伝えた。

 英国政府のナイジェル・アダムス外務英連邦閣外相は4月8日にチョー・ズア・ミン元大使と面会し、「大使の勇気を称賛する。英国外務省は大使の滞在を引き続き許可し、身の安全の保障に協力する」と約束した。

 英国外務省は、ミャンマー軍事政権からチョー・ズア・ミン元大使の任期が終了したという通知を受け取ったため、ウイーン条約に従い、在留を認められなくなったと4月8日に発表していた。ドクター・チッ・ウイン公使を中心とする大使館員が7日にチョー・ズア・ミン元大使を大使館から締め出し、当日夜は車中で1泊した。

Premium2104

最新記事一覧