在ミャンマーのシンガポール人に対して国外退避勧告、シンガポール外務省が発表

【国際】【社会】【経済】 2021305

 シンガポール外務省は3月4日、ミャンマー国内に滞在しているシンガポール国民に対して国外に退避するよう勧告したことがわかった。7Day Dailyが3月5日に伝えた。

 ミャンマー国内で軍事政権に反対する抗議デモが活発化しており、治安が不安定となっている。ミャンマー全国で警察や軍が実弾を発砲、市民に対する暴力行為がエスカレートするなど混乱が続いているため、シンガポール国民は直ちに国外に退避するように勧告した。

 現在ミャンマー国内にはシンガポール国民が約500人滞在しており、そのほとんどが母国に帰国したいと希望しているという。シンガポールはミャンマーに対する最大の投資国となっている。

Premium2104

最新記事一覧