ASEAN外相会議が開催、ミャンマー軍事政権に暴力自制を要請

【国際】 2021303

 ミャンマー情勢について話し合うASEANによる臨時外相会議が3月2日に行われ、議長声明でミャンマー軍事政権に対して暴力の自制を要請したことが明らかになった。7Day Dailyが3月3日に伝えたもの。2月1日のクーデター後にASEANがミャンマー情勢について協議するのは初めて。

 シンガポールのヴィヴィアン・バラクリシュナン外相は「ミャンマーの状況がこれ以上悪くなると、世界の目はミャンマーだけでなくASEANに対しても向けられる。世界のアセアンに対する評価やアプローチの仕方にも影響が出て来る」と懸念を表明した。

 同外相は会議において、アウン・サン・スー・チー国家顧問やウィン・ミン大統領の解放を要求したが、議長声明には盛り込まれなかった。

Premium2104

最新記事一覧