ミャンマー国連大使が国連総会で軍事政権を非難、拍手を浴びる

【国際】 2021227

 2月26日に行われたミャンマーの人権状況を話し合う国連総会の会議で、ミャンマー国連大使がクーデターを実行した軍による政権を非難する演説を行い、三本指を立てる抗議のポーズをとった。7Day Dailyが2月26日に伝えた。

 会議に出席し発言したのはNLD政権時に派遣されたチョー・ソー・トゥン大使で、民主主義を求める国民の立場から発言した。大使は、軍事政権を早急に終焉させること、アウン・サン・スー・チー国家顧問、ウィン・ミン大統領をはじめ不当に逮捕・拘束されている人々を早急に解放すること、国民が選んだ政権に委譲することなどを主張、全国民が民主主義を取り戻すための抵抗運動を繰り広げていることに感謝し、この運動を必ず成功させなければならないとして引き続き支援をお願いする言葉を延べた。

 最後に抗議の意思を示すために使われている三本指を立てるポーズをとると、会場からは大きな拍手が起きた。

(国連総会のライブ配信からスクリーンショット)
Premium2104

最新記事一覧