タイPTTEP、20億米ドルを投じてミャンマー国内に天然ガス火力発電所を建設へ

【社会】【経済】 2021108

 タイ石油開発公社(PTTEP)が、20億米ドルを投じてミャンマー国内に天然ガス火力発電所を建設することがわかった。電力・エネルギー省のウイン・カイン大臣が発表したもの。7Day Dailyが伝えた。

 発表によると、タイ石油開発公社(PTTEP)はエーヤワディ管区チャイラ郡に592MW出力の大規模な天然ガス発電所を建設する。12月30日に設計など事前準備を行うことを許可する通知書(Notice to Proceed)を...

この記事はプレミアム会員の方がご覧になれます。
既にプレミアム会員の方は、ログインしてください。
プレミアム会員でない方は、会員登録してください。

今なら初回に限り30日間完全無料・いつでも解約可能!

Premium2007

最新記事一覧