ミャンマーの国内航空路線は10月末まで全便運休

【新型コロナ】【社会】【経済】 20201012

 新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、ミャンマーの国内航空路線は10月31日まで全便が運休することがわかった。航空運輸管理局のネー・ウイン局長が発表したもの。MYANMAR TIMESが伝えた。

 国際線の乗り入れも3月29日に禁止されて以降、10月末まで継続することが発表されている。

Premium2007

最新記事一覧