ミャンマーが2021年に後発開発途上国から脱却へ

【経済】 2020923

 ミャンマーが2021年に後発開発途上国(LDC)の指定から脱却する見込みであることがわかった。計画・財務・工業省のセッ・アウン副大臣が発表したもの。7Day Dailyが伝えた。

 発表によると、国連開発計画委員会(CDP)が2018年に行った評価において、ミャンマーは後発開発途上国(LDC)の指定から脱却するための3つの条件を満たしているという。3年に1度行われる再評価の会議が2021年に行われるため...

この記事はプレミアム会員の方がご覧になれます。
既にプレミアム会員の方は、ログインしてください。
プレミアム会員でない方は、会員登録してください。

今なら初回に限り30日間完全無料・いつでも解約可能!

Premium2007

最新記事一覧