ミャンマー地場の中小企業向け融資活性化のために信用保証協会を設立へ

【ローカル】【経済】 2020810

 ミャンマー地場の中小企業向け融資の活性化のために、信用保証協会が設立される計画があることがわかった。計画・財務・工業省のマウン・マウン・ウイン副大臣が連邦議会で発表したもの。7Day Dailyが伝えた。

 発表によると、ミャンマー政府はアジア開発銀行(ADB)から6千万米ドルの融資を受け、信用保証協会を設立する。信用保証協会は、中小企業が市中の金融機関(小規模金融機関を含む)から融資をうける際、その債務を保証することで中小企業の資金繰りの円滑化を図ることを目的としており、中小企業が返済不能となった場合に信用保証協会が金融機関に対して損失を補填する。

 アジア開発銀行(ADB)から6千万米ドルの融資を受けることに関しては、連邦議会ですでに承認を得ているという。

Premium2007

最新記事一覧