中央銀行がドル買い介入するも一時1,400Ksを下回る

【マーケット】【経済】 2020513

 ドル安チャット高を抑制するため、ミャンマー中央銀行が300万米ドルのドル買い介入を行ったことがわかった。7Day Dailyが伝えたもの。4月中旬の水かけ祭りの後、1ドル=1,420Ksと安定していたが、新型コロナウイルス感染拡大による経済の停滞や世界的なドル安傾向により、5月に入り1ドル=1,400Ksまでドル安チャット高が進行していた。

 両替商の話によると、5月4日の為替レート...

この記事はプレミアム会員の方がご覧になれます。
既にプレミアム会員の方は、ログインしてください。
プレミアム会員でない方は、会員登録してください。
(今なら初回に限り30日間完全無料・いつでも解約可能)

premium_ad

最新記事一覧