ヤンゴン市郊外のバス停高度化事業、入札が開始

【社会】【経済】 2020224

 ヤンゴン市郊外に位置するバス停を高度化する事業を行うため入札が開始されたことがわかった。ヤンゴン市開発委員会(YCDC)が発表したもの。7Day Dailyが伝えた。

 YCDCの発表によると、入札の応札期間は2月11日から3月6日までで、ヤンゴン市郊外のレグー、タイチー、モービー、タンリン、チャウタン、ダラ、トングワ、トゥンテー、クンジャンゴン、セィッチーカナウントー、タンダビンの各郡に位置するバス停すべてが対象となる。入札に...

この記事はプレミアム会員の方がご覧になれます。
既にプレミアム会員の方は、ログインしてください。
プレミアム会員でない方は、会員登録してください。

今なら初回に限り30日間完全無料・いつでも解約可能!

Premium2007

最新記事一覧