最低賃金法の改正案に対して労働者側が反対を表明

【政治】【社会】 2020212

 民族代表院(上院)に提出された2年に一度最低賃金を見直す条項を削除する最低賃金法の改正案に対し、労働組合側が反対の意見を表明した。The Daily Elevenが伝えた。

 ミャンマー軽工業・サービス業統合労働組合のノー・アウン副議長は「改正案が施行された場合、2年に一度というサイクルがなくなるため、労働者側がいつでも賃金の引き上げを要求...

この記事はプレミアム会員の方がご覧になれます。
既にプレミアム会員の方は、ログインしてください。
プレミアム会員でない方は、会員登録してください。

今なら初回に限り30日間完全無料・いつでも解約可能!

Premium2007

最新記事一覧