今年の暑季に間に合うよう電力供給を1,166MW増強

【社会】 2020122

 今年の暑季(3月~5月)の電力不足による停電発生を防ぐため、電力供給量が1,166MW増強されることがわかった。電力・エネルギー省のウイン・カイン大臣が発表したもの。7Day Dailyが伝えた。

 ウイン・カイン大臣は「今年の暑季、特に3月の大学入学資格試験の期間中に停電が起きないように対策をしている」とコメントした。

 大臣によると、停電が起きないための方策として、天然ガス発電所への天然ガス供給がストップした場合、速やかに水力発電所に切り替えるとしており、水上設置型の発電所や船舶型発電所、民間の火力発電所から1,040MWの電力を購入する予定があるという。

center_bn_premium

最新記事一覧