新年度2か月間に5億米ドル分の外国投資が許可

【経済】 20191211

 2019年度(10月1日から開始の新年度)2か月間に、5億米ドル分の外国投資が許可されたことがわかった。7Day Dailyが伝えた。

 投資企業管理局(DICA)の発表によると、11月29日に行われたミャンマー投資委員会(MIC)の会議で許可された外国投資は5件で、総額は5億米ドルを超えているという。投資案件の詳細については明らかにしなかったが、昨年度同時期の外国投資額より2倍多くなっている。

 これまでに1回の会議でもっとも多く許可されたのは、2017年7月11日の会議で許可された27件、9億米ドル。ミャンマーへの投資国はシンガポール、タイ、中国がトップ3で、分野別では石油天然ガス、電力、製造業の順となっている。

Premium2007

最新記事一覧