ヤンゴン管区政府が出資のYUPT、株主が株の売却を希望

【ローカル】【経済】 20191206

 ヤンゴン管区政府出資のバス会社「ヤンゴン市民交通株式会社(YUPT)」の一般株主から、保有している株式を売却したいとヤンゴン管区政府に対して要請していることがわかった。7Day Dailyが伝えた。

 株主の一人は「元々個人でバスを所有して運行し生計を営んでいたが、ヤンゴン管区政府から無理矢理バスを売却させられ評価額分の株式が与えられた。新会社が発足して3年経過しているが、一度も...

この記事はプレミアム会員の方がご覧になれます。
既にプレミアム会員の方は、ログインしてください。
プレミアム会員でない方は、会員登録してください。
(今なら初回に限り30日間完全無料・いつでも解約可能)

center_bn_premium

最新記事一覧