ミャンマーで宿泊業の特定技能評価試験を実施

【社会】 20191009

 ミャンマーで初めてとなる特定技能評価試験(宿泊業)が10月27日に実施されることがわかった。国営新聞「Myanma Alinn」で発表された。

 発表によると、特定技能評価試験(宿泊業)は日本の一般社団法人宿泊業技能試験センターが実施するもので、同団体にとっても海外の試験は初めてのものとなる。受験申込期間は10月7日午前11時(ミャンマー時間)から9日午前11時までで、同団体の専用サイトに...

この記事はプレミアム会員の方がご覧になれます。
既にプレミアム会員の方は、ログインしてください。
プレミアム会員でない方は、会員登録してください。
(今なら初回に限り30日間完全無料・いつでも解約可能)

center_bn_premium

最新記事一覧