8月末までの外国人入国者数、昨年より55万人増

【経済】【観光】 2019923

 2019年1月1日から8月末までのミャンマーへの外国人入国者数が、280万人を突破したことがわかった。The Daily Elevenが伝えた。

 労働・入国管理・人口統計省の発表によると、この8か月間の外国人入国者数は2,814,139人で、昨年同時期の2,259,981人と比較して554,158人増加している。国別でもっとも多かったのは中国で457,069人(昨年比161%増)、次いで韓国の75,489人(同77%増)だった。欧州でもっとも多いのはイタリアで11,503人、次いでスペインの7,946人だった。

center_bn_premium

最新記事一覧