下院で工業団地法が可決、不法居住者を厳罰に

【政治】【社会】 2019913

 9月3日に行われた人民代表院(下院)の会議で工業団地法が可決され、不法居住者が厳しく処分されることがわかった。7Day Dailyが伝えた。

 工業団地法によると、工業団地内に許可なく家屋を建て居住している者に対し、3年以下の禁固刑または罰金を科すことができると定められた。シュエピーター郡区選出のニャン・リン議員が禁固3年は厳し過ぎるとして減刑を提案したが、採決の結果否決された。

 ヤンゴン管区郊外のラインターヤー郡区やシュエピーター郡区には約10万人の不法居住者がいると推測され、大きな社会問題となっている。

M-Tower_Ad1912

最新記事一覧