電力・エネルギー省が落札者リストを初めて公表

【社会】 2019902

 電力・エネルギー省は、2018年度に行った入札の落札者リストを初めて公表した。同省傘下の公社や担当局がSNSを通して発表したもので、7Day Dailyが伝えた。

 これによると、マンダレー管区電力供給公社が8月7日に、水力発電実施局が8月13日に、ミャンマー石油化学公社が8月19日に、ミャンマー石油天然ガス公社が8月20日に、電力送電監督局が8月21日にそれぞれ落札者を公表している。
落札者の公表によると、電力送電監督局が実施した35件の入札のうちZeya & Associatesが7件、Asia Power Quality Electricが6件落札した。ミャンマー石油天然ガス公社が実施した6件の入札のうちMy Aceが2件、Golden Saffromが2件落札した。水力発電実施局が実施した14件の入札のうちYadanar Kaung Kin Gem & Jewellyが8件、Steel Kingが6件落札した。マンダレー管区電力供給公社が実施した16件の入札のうちJunction River Tradingが10件落札した。

 同省のソー・ミィン次官補は「汚職撲滅委員会が大臣や副大臣を調査したこととは関係ない。入札の公平性や透明性を確保するためのものだ」とコメントした。

center_bn_premium

最新記事一覧