北部同盟がピンウールインの国軍技術大学などを襲撃

【政治】【社会】 2019821

 8月15日早朝、少数民族武装勢力の北部同盟がマンダレー管区の避暑地ピンウールイン市内の国軍技術大学や軍の検問施設など5か所を襲撃したことがわかった。ミャンマー国軍が発表したもの。7Day Dailyが伝えた。

 襲撃を加えたのは少数民族武装勢力(北部同盟)に属するタアン・パラウン民族解放軍(TNLA)、アラカン軍(AA)、ミャンマー民族民主同盟軍(MNDAA)の連合軍。襲撃によりミャンマー国軍側の兵士や警官、国軍技術大学の職員1人を含む計15人が殺害され、警察官4人が行方不明となっている。襲撃を...

この記事はプレミアム会員の方がご覧になれます。
既にプレミアム会員の方は、ログインしてください。
プレミアム会員でない方は、会員登録してください。
(今なら初回に限り30日間完全無料・いつでも解約可能)

M-Tower

最新記事一覧