モン州で大規模な土砂災害、53人が死亡

【ローカル】【社会】 2019814

 モンスーンの大雨によりモン州で大規模な土砂災害が発生し、8月11日現在で53人の死亡が確認された。7Day Dailyが伝えた。

 モン州政府の発表によると、大規模な土砂災害はモン州パウン郡テーピューゴン村で8月9日の午前7時半ごろに発生した。高さ300フィートのマラッ山が大規模に地滑りを起こし、大量の土石流が民家や寺院、バス、トラックなどを飲み込んだ。540人に上る救援チームが懸命な捜索活動を行ったところ、8月11日の午後7時までに僧侶1人を含む53人の遺体を発見した。救出された47人はヤンゴン総合病院で治療を受けているが、犠牲者はさらに増えると見られている。

 大雨による水害はモン州、カイン州の各地に広がっており、4万人が一時避難した。各都市を結ぶ道路が寸断されているため、物資の流通が困難な状況となっている。

center_bn_premium

最新記事一覧