大麻栽培の米国人らに対する審理が開始

【ローカル】【社会】 2019701

 大麻を栽培した疑いで米国人6人とミャンマー人2人に対する逮捕状が出され、このうち米国人1人とミャンマー人2人を逮捕。審理が裁判所で開始されたことがわかった。7Day Dailyが伝えた。

 この事件は、マンダレー管区ミョーター工業団地で米国に拠点を置く世界的化学・電気素材メーカー3Mに関係している米国人6人が大麻(マリファナ)の原料を栽培した疑いにより4月に地元警察により立件され、5月21日に逮捕状が出されたもの。残...

この記事はプレミアム会員の方がご覧になれます。
既にプレミアム会員の方は、ログインしてください。
プレミアム会員でない方は、会員登録してください。
(今なら初回に限り30日間完全無料・いつでも解約可能)

M-Tower

最新記事一覧