カジノ併設のホテル建設に香港、マカオ企業が関心

【社会】【経済】 2019612

 ミャンマーにおいてカジノが併設されるホテルを建設することについて、香港とマカオの企業が関心を寄せていることがわかった。7Day Daily伝えた。

 ミャンマー投資委員会(MIC)は「香港やマカオの経済ミッションと話し合いを行ったところ、彼らはカジノが併設されるホテルを建設したいと希望を伝えた。候補地はまだ決まっていない」とコメントした。

 外国人のみ利用できるカジノが営業できる「ギャンブルに関する法律」が5月7日に連邦議会において可決・成立したが、施行細則や省令、規則などは発表されていない。

M-Tower

最新記事一覧