韓国へ出稼ぎ希望のミャンマー人労働者、多くが日本に関心

【社会】 2019429

 今年の韓国語能力試験(EPS-TOPIK)が中止となったことをうけ、韓国への出稼ぎを希望していたミャンマー人労働者の多くが日本に関心を寄せていることがわかった。7Day Daily紙が伝えた。

 韓国語の民間塾に通っているエー・チャンさんは「韓国をあきらめて日本に変更するため、労働者派遣会社で日本へ行くには何が必要なのか問い合わせしている。これから友人とともに日本語の塾に通うつもりだ...

この記事はプレミアム会員の方がご覧になれます。
既にプレミアム会員の方は、ログインしてください。
プレミアム会員でない方は、会員登録してください。
(今なら初回に限り30日間完全無料・いつでも解約可能)

center_bn_premium

最新記事一覧