インド政府がミャンマーからの豆輸入割当を発表

【経済】 2019416

 インド政府がミャンマーからの豆類の輸入割当量を発表した。The Voice紙が伝えたもので、インドは今年度(2019年4月1日から2020年3月末まで)ミャンマーから黒豆:15万トン、黄豆:20万トン、緑豆:15万トンを輸入する。これは昨年度の輸入割当量と同様となっている。

 この発表を受け、ミャンマー国内の豆取引相場価格が値上がりしており、黒豆は1トンあたり72,000Ks、黄豆は62,000Ks値上がりしている。現在の相場価格は黒豆:73~91万Ks、黄豆:825,000Ksとなっている。ミャンマー豆・ゴマ取引業協会の担当者は「パキスタンやバングラデシュからの注文もあり、需要が供給を上回っている。相場価格はさらに上がるだろう」とコメントした。

 インド政府は2017年8月にミャンマーからの豆輸入を禁止すると発表したが、国内生産量が需要を満たすことができないため、ミャンマーからの輸入は継続されている。

M-Tower

最新記事一覧