インド政府がミャンマーからの豆輸入割当を発表

【経済】 2019416

 インド政府がミャンマーからの豆類の輸入割当量を発表した。The Voice紙が伝えたもので、インドは今年度(2019年4月1日から2020年3月末まで)ミャンマーから黒豆:15万トン、黄豆:20万トン、緑豆:15万トンを輸入する。これは昨年度の輸入割当量と同様となっている。

 この発表を受け、ミャンマー国内の豆取引相場価格が値上がりしており、黒豆は1トンあたり72,000Ks、黄豆は62,000K...

この記事はプレミアム会員の方がご覧になれます。
既にプレミアム会員の方は、ログインしてください。
プレミアム会員でない方は、会員登録してください。
(今なら初回に限り30日間完全無料・いつでも解約可能)

center_bn_premium

最新記事一覧